まつだ整形外科クリニック

背骨ドックのお問い合わせは 電話番号:048-567-0753
背骨ドックのお問い合わせは 電話番号:048-567-0753

背骨ドック:首~腰までの精密検査が半日で完結!

当院の背骨ドックは

  • レントゲン
  • MRI
  • 骨密度検査
  • 理学療法士による身体機能チェック
  • InBody による体成分測定

を取り入れた総合的な背骨の検査です。

こんな方に背骨ドックは
お勧めです!

  • 首~腰まで背骨の
    健康状態を知りたい方
  • 背中の曲がりを予防したい方
  • 最近、身長が縮んできた方

    身長が50歳以後で2cm以上、 若い頃から4cm以上縮んでいたら要注意!

  • 圧迫骨折 ( いつの間にか骨折 ) が気になる方
  • 最近、転倒しやすくなった方
  • 運動不足で筋力の衰えが気になる方

当院の背骨ドックの特長

特徴
1
首~腰までのレントゲンとMRI検査が半日で完結します!

保険診療では、原則医師が必要と判断した部位しか検査することができません。

しかし、自由診療である背骨ドックでは首~腰の全てを 半日で検査することができます!

MRI レントゲン
特徴
2
MRI で大腰筋量(面積)を数値化!
背骨全てを検査することに加えて大腰筋の面積を計測します!
筋肉の衰えでも、背骨への負担は変わってきます!

大腰筋 : 大腿骨と背骨をつないでいる筋肉で、姿勢を維持するために必要な筋肉。

特徴
3
骨密度検査で骨の強さを確認します!

骨がスカスカになってしまう病気である骨粗鬆 ( こつそしょう ) 症を確認します。

骨折による寝たきりや、いつの間にか骨折 ( 脊椎圧迫骨折 ) のリスクを評価します!

特徴
4
体成分分析装置(InBody)で、体の中身を可視化!
体成分分析装置 (InBody) を使用することによって、筋肉量・脂肪量・基礎代謝などを知ることができます。
特徴
5
理学療法士による身体機能チェック!

理学療法士が行う運動テストによって、筋力、敏捷性、バランスを確認します!

それによって転倒による骨折など、寝たきりや要介護につながる要因のリスクを評価していきます!

背骨ドックで発見できる
主な疾患

脊椎すべり症

腰椎4番がやや前方(図向かって左側)へ向かって移動しています(青矢印) 。
腰痛や坐骨神経痛などの原因となります。

圧迫骨折 (いつの間にか骨折)

椎体(背中や腰の骨)が骨折して通常より潰れてしまう状態です。
MRI画像で形が潰れてやや黒っぽくなっているのが確認できます(赤矢印が潰れた椎体で、青矢印が正常な椎体です)。

骨粗鬆(こつそしょう)症が原因で、本人の自覚なく骨折している場合もあります(いつの間にか骨折)。

脊柱管狭窄症

神経の通る管である脊柱管が、変形した骨や分厚くなったじん帯に圧迫されて狭くなっています(赤矢印)。
腰椎で発症すると、腰から下のしびれや痛みが出現します。

歩くとしびれや痛みが悪化し、休むとやわらぐを繰り返す、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が特徴的です。

椎間板ヘルニア

椎間板(黒い部分)が脊柱管に突出しています(赤矢印)。

頸椎(首)と腰椎(腰)によく発生し、痛みやしびれなどの症状が出ます。

背骨ドック料金・内容
について

内容

全脊椎レントゲン検査

(頸椎レントゲン、胸椎レントゲン、腰椎レントゲン)

全脊椎MRI検査

(頸椎MRI、胸椎MRI、腰椎MRI)

骨密度検査

(DXA)

InBodyによる体成分
(筋肉量、脂肪量)測定

理学療法士による
身体機能チェック

料金

65,000(税込)
結果をまとめた診断レポート付!
( 骨密度検査を半年以内に実施し、不要の場合 60,000 円(税込)