熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]

まつだ整形外科クリニック

膝の再生医療(PRP治療)

お知らせ

MORE

診療時間変更・休診について

休診について

9月26日(土)、10月24日(土)の午後は、休診です。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

専門外来について

専門外来の日程については以下の通りです。

<スポーツ外来>
10月3日(土)14時〜17時
10月17日(土)14時〜17時

<肩専門外来>
9月26日(土)9時〜12時
10月17日(土)9時〜12時

<頭痛外来>
10月8日(木)14時30分~17時
10月22日(木)14時30分~17時

※完全予約制となります。
お電話、または受付までお問い合わせ下さい

↓Yahoo!JAPANニューストピックスに上がりました!
THE ANSWER
ラグビーW杯2019日本大会において松田院長に感謝状が届きました
松田院長からランナーの為のケア書籍を出版します
現役サブスリーランナー100人の悩みを解決、
走る医師団が答える「ランニングケア」

松田芳和著
購入はこちらから
脳ドックオプション検査
脳萎縮評価支援システム診断支援システム
ブイエスラド(VSRAD)導入しました!
アルツハイマー型認知症で失われた記憶能力や精神機能を回復する
治療法はありませんが、適切な治療によって症状の進行を遅らせることができます。
大切なことは早期に認知症を診断し早期対応することです。 認知症画像診断支援 VSRAD
について詳しくはこちら

膝の再生医療(PRP治療)を行っています

膝の再生医療(PRP治療)

頭痛外来を行っています

頭痛外来の事をご存知ですか?
「頭痛外来とは?」という疑問にお答えすると共に、当院で頭痛外来を受診する予約について、ご紹介していきます。

「頭痛」は誰もが経験したことのある病気

季節の変わり目や気温差やストレスなど私達はちょっとした変化で経験したことのある頭痛。
しかし大半の方は「頭痛くらいで…」とか「そのうち治るから」という思いから病院には受診せず、「市販薬」を服薬して暗々のうちに、頭痛に悩まされて生活していませんか?
頭痛外来は、そのような頭痛に悩まされている患者さまの為に設けられた窓口です。
様々な症状に対して、その患者さまにあった方法で、医師の診察、検査、診断、お薬の処方をとおして医学的に治療を行います。
頭痛の原因はその患者さまによって様々です。
中には脳の中に腫瘍や微細な出血のため頭痛がする危険な場合もあります。
頭痛は我慢せず一度、脳のMRIや脳ドックをうけ脳神経外科医の受診をお勧めします。

ご希望の方は受付にお声がけください。

完全予約制のため、
ご希望のかたはお早目に受付にお声がけください。

メディア出演

ラン×スマ ~街の風になれ~

放送日:10月6日 土曜 18:25~
BS-NHK 第一

松田院長とまつだ整形理学療法士がケガからの復帰を目指すランナーをサポートする様子が放送されます。

ひざの痛み解決スペシャル
最新再生医療にかける医師たち

放送日:10月7日 日曜日 11時~11時30
BS-TBS

当院の再生医療の取り組みが放送予定となっています。

雑誌掲載

ランナーズ2018年1月号(P38~P42)に「まつだ整形外科クリニックの挑戦」というテーマで、当クリニックが取材を受けました。

ランナーズ2016年7月号 に掲載されました。

当クリニックの松田 芳和 院長による「背伸びの効用」についての記事と取材コメントがそれぞれ掲載されています。
ランナーズ2016年7月号

ランナーズ2016年6月号 に掲載されました。

当クリニックの 理学療法士 藤田和也 が取材を受け、
「ランナーズマイスター(中級)を取得したことで多角的な治療プランを提案できるようになった」という内容が掲載されています。
ランナーズ

ランナーズ2016年5月号 に掲載されました。

「痛みとうまくつきあうための日常生活の姿勢」について、当クリニックの松田 芳和 院長による取材コメントが掲載されています。

ランナーズ

新着院長通信すべての院長通信を見る


【当院では新しい再生医療がスタートしました!】 
脂肪由来幹細胞治療
皮下脂肪組織から採取した幹細胞を利用した治療法です。抗炎症作用と組織修復作用効果があると
されており、多くの可能性を秘めた治療法です。




ASC(脂肪由来幹細胞)治療開始しました!

ASC(脂肪由来幹細胞)治療とは、再生医療である幹細胞治療の一種です。自然治癒が望めない軟骨などの組織が損傷した際、修復が期待できる再生医療の一つとして実用化されています。当院でも先月から開始し、先日、両膝関節へ無事に注入致しました。

ASC治療の流れ

①脂肪採取(クリニック)
患者さんの皮下脂肪組織を20ml採取します。
主に腹部から採取しますが、ときに臀部や大腿部から採取することもあります。局所麻酔で行い、傷は5mm程度、30分程度で終了します。(健康スポーツクリニックの手術室で行います)
②幹細胞のみを抽出(再生医療センターにて)
脂肪組織から幹細胞のみを培養できるように分離、抽出します。
③培養(再生医療センターにて)
抽出した細胞群を、培養液で培養することで、脂肪由来幹細胞のみを増殖させます。
④凍結保存(再生医療センターにて)
6週間の培養完了後、凍結保存用チューブに小分けにされます。凍結保存用チューブ1本につき500万個の幹細胞が入っており、1回の脂肪採取ごとに6本以上が作製されます。
⑤関節内へ注入(クリニック)
培養された幹細胞は、クリニックへ輸送され、患者さんへ注射を行います。 

院長よりメッセージ

幹細胞治療は組織修復の可能性を秘めた治療法です♪

リハビリ科よあなたへ

目元ニッコリ!マスク越しに伝える笑顔
今は、マスクを着用する事が普通になり抵抗感も違和感もなくなってきました。
ですが、マスクをしているとどうしても表情が分かりにくいです。
ニコちゃんマークを思いだすと分かるのですが、表情を判断するために見ている部分は「目」「口」がほとんどです。
その半分の口が見えないと、途端に表情が分からなくなります。
そのため、目だけで表情を作らなければなりません。

目で表情を作るには眉の動きが大事になる

眉はけっこう表情豊かです。
・ㇵの字になれば困った顔
・眉が上がればビックリした顔
・眉が真ん中によれば、怒り顔や難しい事を考えている顔
目だけでなく、眉の動きを見て感情を読み取る事が多いです。

笑顔の時の目は【三日月】の形が理想

マスクをして笑顔を届ける時、目は三日月を横にした様な形になるのが理想です。
しっかり笑っているつもりでも、目元まで笑えてないかもしれません。
目元が笑顔になる様に意識し、更に相手の目をしっかりと見てアイコンタクトを取ることが大事です。

見えていないパーツも大事!お顔全体で笑顔を作る

マスクで隠れている口元の気を抜いてしまっては素敵な笑顔は作れません。
笑顔は顔の表情筋が動くことで作られます。
例え見えていなくても、口角をしっかり上げて歯を見せるようにしましょう。
口角お上げないでいると、表情筋が衰え、ほうれい線やたるみの原因にもなってしまうそうです (;・∀・)

マスクをしていると声がこもってしまう

マスクという障害物がある以上、どうしても声はこもりやすいもの。
「はっきり」「声の高さをワントーン上げて」話す事がオススメ。
早口な人は、これに加えて「ゆっくり」も意識するとなお◎!

心も楽しく!ポジティブでいることが自然と明るい表情につながります。
私たちはこれからも、患者様の気持ちに寄り添い、笑顔と優しさを届けていきたいと思います(*^-^*)

すべての院長通信はこちら

まつだ整形外科クリニック運営サイト

診療案内
クリニック概要
健康講座
膝の再生医療(PRP治療)
健康スポーツクリニック
メディカルフィットネス fine
ランニングケア・オンライン
健康スポーツ協会 fine
人工関節に関する悩みを解消できるように、分かりやすく解説しました。
お気軽にご利用ください。
腰痛がこんなに楽になった!
「整形外科医が教える腰痛パーフェクトガイド」
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。