熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]

まつだ整形外科クリニック

診療時間[*水・日・祝祭日は休診]
診療時間
8:45~12:00
14:30~18:30
14:00~17:00
膝の再生医療(PRP治療)

お知らせ

MORE

診療時間変更・休診について

診療時間変更・休診のお知らせ

現在、時間の変更や休診の予定はございません。
カレンダー通りとなりますので、以下をご確認下さい

10月診療のカレンダーはこちら

再生医療について

再生医療のご相談・診察

当院は、ひざの専門医として最先端の治療法でである“ひざの再生医療”を行っております。
治療はすべてご予約制となっております。
まずはお電話下さい
再生医療専用ダイヤル:048-598-7400

詳しくは以下URLをご確認下さい
https://matsuda-seikei.jp/saisei/

再生医療手術実施日について

再生医療の種類によっては1時間程度の手術を伴うものがございます。
手術は主に、
毎月第2・第4 月曜日の16時から17時
毎週火曜日の16時から17時

に行うこととしております。

もちろん毎回手術が入るわけではございません。
手術により院長診察時間に変更があった場合は院内掲示にてお知らせ致します。

↓Yahoo!JAPANニューストピックスに上がりました!
THE ANSWER
ラグビーW杯2019日本大会において松田院長に感謝状が届きました
松田院長が「ひざ寿命」の延ばし方の解説本を出版しました
ひざ革命
最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

松田芳和著
購入はこちらから
松田院長がランナーの為のケア書籍を出版しました
現役サブスリーランナー100人の悩みを解決、
走る医師団が答える「ランニングケア」

松田芳和著
購入はこちらから
脳ドックオプション検査
脳萎縮評価支援システム
ブイエスラド(VSRAD)導入しました!
アルツハイマー型認知症で失われた記憶能力や精神機能を回復する
治療法はありませんが、適切な治療によって症状の進行を遅らせることができます。
大切なことは早期に認知症を診断し早期対応することです。
脳萎縮評価支援システム VSRAD
について詳しくはこちら

膝の再生医療(PRP治療)を行っています

膝の再生医療(PRP治療)

頭痛外来を行っています

頭痛外来の事をご存知ですか?
「頭痛外来とは?」という疑問にお答えすると共に、当院で頭痛外来を受診する予約について、ご紹介していきます。

「頭痛」は誰もが経験したことのある病気

季節の変わり目や気温差やストレスなど私達はちょっとした変化で経験したことのある頭痛。
しかし大半の方は「頭痛くらいで…」とか「そのうち治るから」という思いから病院には受診せず、「市販薬」を服薬して暗々のうちに、頭痛に悩まされて生活していませんか?
頭痛外来は、そのような頭痛に悩まされている患者さまの為に設けられた窓口です。
様々な症状に対して、その患者さまにあった方法で、医師の診察、検査、診断、お薬の処方をとおして医学的に治療を行います。
頭痛の原因はその患者さまによって様々です。
中には脳の中に腫瘍や微細な出血のため頭痛がする危険な場合もあります。
頭痛は我慢せず一度、脳のMRIや脳ドックをうけ脳神経外科医の受診をお勧めします。

ご希望の方は受付にお声がけください。

完全予約制のため、
ご希望のかたはお早目に受付にお声がけください。

メディア出演

ラン×スマ ~街の風になれ~

放送日:10月6日 土曜 18:25~
BS-NHK 第一

松田院長とまつだ整形理学療法士がケガからの復帰を目指すランナーをサポートする様子が放送されます。

ひざの痛み解決スペシャル
最新再生医療にかける医師たち

放送日:10月7日 日曜日 11時~11時30
BS-TBS

当院の再生医療の取り組みが放送予定となっています。

雑誌掲載

ランナーズ2018年1月号(P38~P42)に「まつだ整形外科クリニックの挑戦」というテーマで、当クリニックが取材を受けました。

ランナーズ2016年7月号 に掲載されました。

当クリニックの松田 芳和 院長による「背伸びの効用」についての記事と取材コメントがそれぞれ掲載されています。
ランナーズ2016年7月号

ランナーズ2016年6月号 に掲載されました。

当クリニックの 理学療法士 藤田和也 が取材を受け、
「ランナーズマイスター(中級)を取得したことで多角的な治療プランを提案できるようになった」という内容が掲載されています。
ランナーズ

ランナーズ2016年5月号 に掲載されました。

「痛みとうまくつきあうための日常生活の姿勢」について、当クリニックの松田 芳和 院長による取材コメントが掲載されています。

ランナーズ

新着院長通信すべての院長通信を見る

【当院では新たに脊椎専門外来を開始します!】 
2022年4月より脊椎専門外来を開始いたします(第1土曜日と第2土曜日)。
2名の脊椎専門医の先生(金子先生・真鍋先生)にご担当いただきます。
長らく腰痛で苦しまれている方がおられましたら診察時にご相談くださいませ。
金子先生:稲波脊椎・関節病院 院長補佐   
真鍋先生:東前橋整形外科病院 副院長 脊椎外科センター長



九十九里トライアスロン(以下99T)完走しました!!

9月18日、台風の影響で悪天候の中99T参加してきました!トライアスロンに初めて参加したのが2020.10月で当時はコロナの影響でスプリントディスタンス。
今回は55歳にして初のオリンピックディスタンス(OD)【スイム1.5K バイク40K RUN 10K】での参加でした。

体調不良と膝の故障を乗り越えられたのは皆さんおかげ!

実は2021年2月から体調を崩し、マラソンはもちろん、スイムなど負荷のかかる動作は全てドクターストップがかかり、ほぼ半年間まともな運動は全くできませんでした。
秋ごろから徐々にジョギングを開始して今年の春ごろには10キロ程度のRUNが出来るまで回復。5月に目標を99Tに決めてスイムやBIKEも練習を始めました。
が5月22日のRUN中に右膝を傷め、腫脹、疼痛で歩行困難、夜間は寝返りで目が覚めるほど。
MRIで内側半月板後節の斜断裂を認め、もはや万事休すかと一時諦めましたが、6月24日に再生医療治療(PFC-FD)を澁澤先生に受けて劇的に回復。
2週後からBIKE、3週後からゆっくりジョギングを開始できるまでになりました。
ただ現実的には完走は難しく、最後まで参加するか悩みましたが、次女が9月に渡米というチャレンジをしたこと、友人の小野口カメラマンがFBに掲載していたトライアスロンの写真にとても感動したことに後押しされ参加を決めました。
台風の影響で強風や大雨、雷という悪コンディションの中、苦手なスイムを時間内にクリアし、バイクとランをヘロヘロになりながら無事に制限時間内でゴールできました。




13時20分には悪天候のためレースが中止になるという厳しい条件でしたが、何とか時間内にゴールできた事は大きな自信に繋がりました。
スタート地点に立たせてくれた多くの皆様のおかげです。
全てに感謝です。ありがとうございました!!

寒暖差に気を付けよう

真夏の暑さも落ち着き、朝晩はだいぶ涼しく感じられるようになり、黄金色の街路樹が美しく彩る季節となりました。

昼間はまだ暑いが、晩は涼しく寒暖差で体調を崩さないように注意しましょう。
激しい温度差に身体が耐えきれなくなったときに寒暖差アレルギーが起こります。
また仕事で疲れていたりストレスから免疫が低下していたり自立神経が乱れていると発症します。7度以上の気温差があるときは注意が必要です。

寒暖差アレルギーとは?

・鼻水、鼻づまり
・くしゃみ                    
・頭痛                 
・蕁麻疹
・食欲不振
・疲れやすい
・イライラ
・睡眠障害 etc…

予防法

☆まずは体調管理
☆身体を冷やさないようにします寒い日はマスクや衣類などで身体が感じる温度差を少なくしましょう
☆お風呂にゆっくり浸かることで自律神経を整えましょう。また血行も良くなります
☆簡単に出来るストレッチで身体をほぐし、ウォーキングなどで基礎代謝を上げましょう
☆タンパク質、ビタミン、ミネラルなどまんべんなく摂取しましょう。また旬の野菜や生姜などで身体を温める食材もオススメです

すべての院長通信はこちら

まつだ整形外科クリニック運営サイト

診療案内
クリニック概要
ドクターまつだのアクティブにGO!
膝の再生医療(PRP治療)
健康スポーツクリニック
メディカルフィットネス fine
ランニングケア・オンライン
健康スポーツ協会 fine
人工関節に関する悩みを解消できるように、分かりやすく解説しました。
お気軽にご利用ください。
腰痛がこんなに楽になった!
「整形外科医が教える腰痛パーフェクトガイド」
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。