熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]
交通アクセス

まつだ整形外科クリニック

専門外来について

専門外来の日程については以下の通りです。
股関節外来 2月3日(土曜日) 9時~12時
肩・肘外来 2月3日(土曜日) 14時~17時
スポーツ外来 2月17日(土曜日) 9時~12時
頭痛外来 2月9日(金曜日) 14時半~17時
2月23日(金曜日) 14時半~17時
※完全予約制となります。
お電話、または受付までお問い合わせ下さい

2月、3月の外来予定の変更について

以下の通り代診となります
2月22日(木)
・研究会参加のため院長休診
※代診:岡田先生(群馬大学整形外科)

2月24日(土)
・午後:院長休診
※代診 塩澤先生(群馬大学整形外科)

3月3日(土)
・院長休診
※代診:岡田先生(群馬大学整形外科)

3月9日午後~3月15日まで院長休診
この期間の代診は以下の通りです
3月9日(金)午後:岡田先生(群馬大学整形外科)
3月10日(土):岡田先生(群馬大学整形外科)
3月12日(月):岡田先生(群馬大学整形外科)
3月13日(火):塩澤先生(群馬大学整形外科)
3月15日(木):岡田先生(群馬大学整形外科)

健康スポーツクリニック・メディカルフィットネスfine
オープンいたしました

健康スポーツクリニック

メディカルフィットネス fine

頭痛外来を行っています

頭痛外来の事をご存知ですか?
「頭痛外来とは?」という疑問にお答えすると共に、当院で頭痛外来を受診する予約について、ご紹介していきます。

「頭痛」は誰もが経験したことのある病気

季節の変わり目や気温差やストレスなど私達はちょっとした変化で経験したことのある頭痛。
しかし大半の方は「頭痛くらいで…」とか「そのうち治るから」という思いから病院には受診せず、「市販薬」を服薬して暗々のうちに、頭痛に悩まされて生活していませんか?
頭痛外来は、そのような頭痛に悩まされている患者さまの為に設けられた窓口です。
様々な症状に対して、その患者さまにあった方法で、医師の診察、検査、診断、お薬の処方をとおして医学的に治療を行います。
頭痛の原因はその患者さまによって様々です。
中には脳の中に腫瘍や微細な出血のため頭痛がする危険な場合もあります。
頭痛は我慢せず一度、脳のMRIや脳ドックをうけ脳神経外科医の受診をお勧めします。

ご希望の方は受付にお声がけください。

完全予約制のため、
ご希望のかたはお早目に受付にお声がけください。

雑誌掲載

ランナーズ2018年1月号(P38~P42)に「まつだ整形外科クリニックの挑戦」というテーマで、当クリニックが取材を受けました。

まつだ整形外科クリニック健康スポーツクリニックメディカルフィットネスfineCafe matsubokkuri について掲載されています。


ランナーズ2016年7月号 に掲載されました。

当クリニックの松田 芳和 院長による「背伸びの効用」についての記事と取材コメントがそれぞれ掲載されています。

 

ランナーズ2016年7月号

ランナーズ2016年6月号 に掲載されました。

当クリニックの 理学療法士 藤田和也 が取材を受け、
「ランナーズマイスター(中級)を取得したことで多角的な治療プランを提案できるようになった」という内容が掲載されています。

 

ランナーズ

 

ランナーズ2016年5月号 に掲載されました。

「痛みとうまくつきあうための日常生活の姿勢」について、当クリニックの松田 芳和 院長による取材コメントが掲載されています。


 

ランナーズ

新着院長通信すべての院長通信を見る


メディカルフィットネスfineでは、
高血圧、糖尿病、脂質異常症の診断を受けた方を対象に
メディカル会員制度があります。
ご利用料金を格安でご案内しております。




人生100年時代を生き抜く健康法

茂木×石川スペシャル対談から2016.9.13

前回の東京東京オリンピックが開かれた1964年当時は、定年は55歳、平均寿命70歳で、70歳を超えたら医療費は無料という時代でした。
「若い頃はしっかり学び、社会人になったら55歳までしっかり働く、その後はゆっくり休み、何かあったら国が面倒を見る」という、1本の「学び、働き、休む」というレールを引いて、日本人はこの国を発展させてきました。

今がどういう時代かというと、平均寿命は90歳近く。
寿命と定年の差を15歳とすると、今の時代に生きている人たちは75歳が定年となり、75歳を超えて初めて高齢者になり、年金がもらえる時代になろうとしています。

平均寿命が90歳ということは、100歳まで生きる可能性がかなり高い。
21世紀に生まれた子どもたちの半分以上は107歳まで生きるという統計があります。

皆さんの孫や小さいお子さんは、基本的に100歳まで生きることを前提に人生設計をしたほうがいいでしょう。

院長よりメッセージ

「老い」に対するイメージがポジティブな人とネガティブな人では、寿命が7.5年違うという研究があるそうです。

タバコを吸うか吸わないかでは寿命は3年から5年違いますが、7.5年というのはより大きな違いですね。

50歳、60歳を超えた後は、「気持ち」が非常に重要になってきます。
今後は「早死にしないための健康情報」ではなく、「人生100年をいかに元気に生きるか」ということで、気の持ち方による寿命の違いを比較するような情報を目にすることが増えると思います。

医療や科学が進歩しても肝心なのは「気持ち」とは、面白いですね!(^^)!

すべての院長通信はこちら

まつだ整形外科クリニック運営サイト

診療案内
クリニック概要
健康スポーツクリニック
メディカルフィットネス fine
人工関節に関する悩みを解消できるように、分かりやすく解説しました。
お気軽にご利用ください。
腰痛がこんなに楽になった!
「整形外科医が教える腰痛パーフェクトガイド」
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。