熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]
交通アクセス

まつだ整形外科クリニック

専門外来について

専門外来の日程については以下の通りです。
畑山 和久 医師8月23日(火曜日)14時~18時30分
山本 敦史 医師8月13日(土曜日)9時~12時
渋澤 一行 医師8月6日(土曜日)9時~12時
        8月20日(土曜日)9時~12時

雑誌掲載

ランナーズ2016年7月号 に掲載されました。
当クリニックの松田 芳和 院長による「背伸びの効用」についての記事と取材コメントがそれぞれ掲載されています。

 

ランナーズ2016年7月号

ランナーズ2016年6月号 に掲載されました。
当クリニックの 理学療法士 藤田和也 が取材を受け、
「ランナーズマイスター(中級)を取得したことで多角的な治療プランを提案できるようになった」という内容が掲載されています。

 

ランナーズ

 

ランナーズ2016年5月号 に掲載されました。
「痛みとうまくつきあうための日常生活の姿勢」について、当クリニックの松田 芳和 院長による取材コメントが掲載されています。

 

ランナーズ

新着院長通信すべての院長通信を見る

ランナーズ2016年7月号 に掲載されました!!
当クリニックの松田 芳和 院長による「背伸びの効用」についての記事と
取材コメントがそれぞれ掲載されています。

report159-freport159-fw

歯磨きががん予防になるかも?頭頚部がんとの関連を調査

– 2万人のデータの解析から-
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology / ESMO
口腔内や頭から首にかけてできる頭頸部がんは、喫煙や飲酒によってできやすくなります。今回、歯の衛生が関係しているかについて、解析されたので紹介します。

◆頭頚部がんが出なかった人は歯磨きをしていたか?

頭頚部がんと診断された8,925人と、頭頚部がんではなかった12,527人を比較し、歯の状態がよかったかどうかについて調べました。歯の状態の評価として抜歯などで失った歯(喪失歯)の数、毎日歯磨きをするか、毎年歯科医にかかっているか、歯肉の病気がないか、総入れ歯(総義歯)を使っているかを指標としました。

◆歯磨きする人で頭頚部がんが少ない
喪失歯が少ない、毎日歯磨きをする、毎年歯科に行く、歯肉の病気がない人で、頭頚部がんの発生が少なく、総義歯とは関連が見られませんでした。口の中の衛生状態が良いと、頭頚部がんのリスクを減らすかもしれないという結果でした。

院長よりメッセージ

歯磨きで口の中を清潔に保つことは、ほかの健康面でも良い効果があると報告されています。歯磨きは日常のささやか習慣と思いがちですが、健康な人生を送るうえで大きな意味を持っているんですね!食べたら磨く、約束げんまん♪

まつだ整形外科クリニック運営サイト

診療案内
理学療法士募集
クリニック概要
人工関節に関する悩みを解消できるように、分かりやすく解説しました。
お気軽にご利用ください。
腰痛がこんなに楽になった!
「整形外科医が教える腰痛パーフェクトガイド」
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。