熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]
交通アクセス
まつだ整形外科クリニック

毎週ジョギング20時間相当の運動をすると、がんはどれぐらい予防できるのか?まつクリ院長通信 No.164

夏は脳梗塞熱中症が多く発症してしまいます。
水分補給とこの時期の脳ドックで脳梗塞・熱中症を予防しましょう!


report164-freport164-fw

毎週ジョギング20時間相当の運動をすると、がんはどれぐらい予防できるのか?

―174件のデータからー  BMJ (Clinical research ed.)

運動は糖尿病や心臓病はもちろん、がんの予防にもつながります。過去の174件の研究データをもとに解析した結果、運動量が特に多い人で、乳がん、大腸がん、脳梗塞が減っていたことが報告されたので紹介します。


◆乳がん、大腸がんなどの予防効果を計算
1980年から2016年の研究で以下の5つの病気について調査されました。
・乳がん・結腸がん・糖尿病・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)・脳梗塞


◆乳がんリスク14%減少し、結腸がんのリスクが21%減少
活動量不十分な人(週あたり総活動量が600MET・分未満)に比べて、高度に活動的な人(週あたり8000MET・分以上)のリスク減少は以下の通りでした。
•乳がんのリスク14%減少•結腸がんのリスク21%減少
•糖尿病のリスク28%減少•虚血性心疾患のリスク25%減少
•脳梗塞のリスクが26%減少

院長よりメッセージ

MET運動の強さを表します。8000MET・分はジョギングやサッカーで20時間近くに相当します。スポーツ選手並の量で、続けるのは簡単ではありませんが、効果は大きいようです。今年の秋は「スポーツの秋」で決まりですね♪

覚悟の瞬間 医療法人社団nagomi会 まつだ整形外科クリニック 松田芳和
診療案内
クリニック概要
健康スポーツクリニック
メディカルフィットネス fine
覚悟の瞬間 医療法人社団nagomi会 まつだ整形外科クリニック 松田芳和
人工関節に関する悩みを解消できるように、分かりやすく解説しました。
お気軽にご利用ください。
腰痛がこんなに楽になった!
「整形外科医が教える腰痛パーフェクトガイド」
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。