熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]
交通アクセス
まつだ整形外科クリニック

冬の安全な入浴法は? まつクリ院長通信 No.271


Cafe matsubokkuriからのお知らせです!  
ランチが始まりました!   
『野菜たっぷりランチ』午前11:00〜15:00です!
無くなり次第終了です^^




冬の安全な入浴法は?

倉林均・埼玉医科大リハビリテーション医学主任教授
寒くなると、熱いお風呂に入りたくなりますね。
でも、冬の入浴には注意が必要です。
例年、冬の時期に入浴中に亡くなる方が増えます。
では、なぜ冬に多いのでしょうか。その理由について紹介します。

血圧の変動に注意!

冬は入浴時の血圧の変動が大きくなるためです。
冷えた脱衣所では血管が収縮し、血圧は上がります。反対に熱いお湯に入ると、血管が広がり、血圧は下がります。
そのため、心臓や血管に負担がかかりやすく、心筋梗塞や脳卒中の引き金になります。
風呂から出る際に急に立ち上がり、気を失って溺れる事故も少なくないようです。

お風呂の温度は、どのぐらいが良いの?

リラックス効果も高い38~40度のぬるめで、入浴時間は10分以内が目安と言われています。42度を超えると、血管内で血の塊(血栓)をできにくくする成分の分泌が減り、血管がつまる危険性が高くなります。

入浴時に注意する点は?

脱衣所と浴室の温度差を小さくすることが大事です。
脱衣所にヒーターを置いて暖めたり、湯を張る時に浴槽のふたを開けたりして、調節するとよいでしょう。

院長よりメッセージ

忘年会の時期ですね。
飲酒後の入浴はアルコールの影響で血圧が普段より下がり、入浴時の血圧の変動が大きくなりがちです。
注意しましょう。

起床後すぐも、血圧がスムーズに調整されにくいので避けましょう。
冬はぬるめのお湯でリラックス♨

覚悟の瞬間 医療法人社団nagomi会 まつだ整形外科クリニック 松田芳和
診療案内
クリニック概要
健康スポーツクリニック
メディカルフィットネス fine
覚悟の瞬間 医療法人社団nagomi会 まつだ整形外科クリニック 松田芳和
人工関節に関する悩みを解消できるように、分かりやすく解説しました。
お気軽にご利用ください。
腰痛がこんなに楽になった!
「整形外科医が教える腰痛パーフェクトガイド」
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。