熊谷市・太田市の整形外科なら[ まつだ整形外科クリニック ]
まつだ整形外科クリニック
診療時間[*水・日・祝祭日は休診]
診療時間
8:45~12:00
14:30~18:30
14:00~17:00

お知らせ

MORE
まつクリメディカルサポートチームの紹介
大東文化大学
陸上競技部男子長距離
城西大学男子駅伝部

帯状疱疹ワクチン
(シングリックス)
[熊谷市助成金対象]

当院では2回接種が必要な帯状疱疹ワクチン(シングリックス)を取り扱っております。
この新しいワクチンは、従来のものに比べ発症予防率が高くとても優秀なワクチンです。
接種を希望される方は、まずはお電話にてお問い合わせください。
電話番号:048-567-0753
詳細はこちら

再生医療を受けた患者さんインタビューCellSource
↓Yahoo!JAPANニューストピックスに上がりました!
THE ANSWER
ラグビーW杯2019日本大会において松田院長に感謝状が届きました
松田院長が「ひざ寿命」の延ばし方の解説本を出版しました
ひざ革命
最期まで元気な歩行を可能にする再生医療

松田芳和著
購入はこちらから
松田院長がランナーの為のケア書籍を出版しました
現役サブスリーランナー100人の悩みを解決、
走る医師団が答える「ランニングケア」

松田芳和著
購入はこちらから
脳ドックオプション検査
脳萎縮評価支援システム
ブイエスラド(VSRAD)導入しました!
アルツハイマー型認知症で失われた記憶能力や精神機能を回復する
治療法はありませんが、適切な治療によって症状の進行を遅らせることができます。
大切なことは早期に認知症を診断し早期対応することです。
脳萎縮評価支援システム VSRAD
について詳しくはこちら

企業検診を実施しております

企業検診 presented by まつだ整形外科クリニック

膝の再生医療(PRP治療)を行っています

膝の再生医療(PRP治療)

頭痛外来を行っています

頭痛外来の事をご存知ですか?
「頭痛外来とは?」という疑問にお答えすると共に、当院で頭痛外来を受診する予約について、ご紹介していきます。

「頭痛」は誰もが経験したことのある病気

季節の変わり目や気温差やストレスなど私達はちょっとした変化で経験したことのある頭痛。
しかし大半の方は「頭痛くらいで…」とか「そのうち治るから」という思いから病院には受診せず、「市販薬」を服薬して暗々のうちに、頭痛に悩まされて生活していませんか?
頭痛外来は、そのような頭痛に悩まされている患者さまの為に設けられた窓口です。
様々な症状に対して、その患者さまにあった方法で、医師の診察、検査、診断、お薬の処方をとおして医学的に治療を行います。
頭痛の原因はその患者さまによって様々です。
中には脳の中に腫瘍や微細な出血のため頭痛がする危険な場合もあります。
頭痛は我慢せず一度、脳のMRIや脳ドックをうけ脳神経外科医の受診をお勧めします。

ご希望の方は受付にお声がけください。

完全予約制のため、
ご希望のかたはお早目に受付にお声がけください。

雑誌掲載

ランナーズ2018年1月号(P38~P42)に「まつだ整形外科クリニックの挑戦」というテーマで、当クリニックが取材を受けました。

ランナーズ2016年7月号 に掲載されました。

当クリニックの松田 芳和 院長による「背伸びの効用」についての記事と取材コメントがそれぞれ掲載されています。
ランナーズ2016年7月号

ランナーズ2016年6月号 に掲載されました。

当クリニックの 理学療法士 藤田和也 が取材を受け、
「ランナーズマイスター(中級)を取得したことで多角的な治療プランを提案できるようになった」という内容が掲載されています。
ランナーズ

ランナーズ2016年5月号 に掲載されました。

「痛みとうまくつきあうための日常生活の姿勢」について、当クリニックの松田 芳和 院長による取材コメントが掲載されています。

ランナーズ

新着院長通信すべての院長通信を見る

【当院では新たに脊椎専門外来スタート!!】 
2022年4月より脊椎専門外来を開始いたしました。
脊椎専門医の先生(真鍋先生・角田先生・石綿先生)にご担当いただいております。
長らく腰痛で苦しまれている方がおられましたら診察時にご相談くださいませ。

真鍋先生:東前橋整形外科病院 副院長 脊椎外科センター長
角田先生・石綿先生:脊椎外来



膝ドックのススメ ~なぜ必要なのか?~

人生100年時代といわれる高齢化社会となり、社会全体が健康寿命延伸を目標にしている現在、運動器疾患の予防が大切とされています。中でも変形性膝関節症(膝OA)は代表的な疾患であり、健康寿命の延伸のためには膝OA対策が喫緊の課題となっています。そのためには「早期OA」の段階からしっかりと診断をして、適切な予防、治療を行うことが重要です。

早期OAとは?

臨床の現場では、「初期膝OA」が単純X線を用いたKellgren-Lawrence分類のグレード2を指すのに対し「早期膝OA」グレード0および1を指します。これは従来では膝OAではないと考えられてきた段階です。しかし、グレード0や1の段階(単純X線写真で異常がみられない)でも膝関節内には構造的変化が生じていることがあります。

MRIで早期発見

早期OAの段階でも、軟骨の変性や亀裂,欠損,軟骨下骨の変化,半月板の位置異常や変性や損傷,滑膜の炎症等の関節構造物に何らかの構造的変化をきたしている状態が存在することが明らかになってきました。特に内側半月板が本来存在すべき位置から内側に移動して存在する内側半月板逸脱が存在すると,膝OAの発症と進行のリスクが高くなることが明らかとなっています。

院長よりメッセージ

人間ドック、脳ドックは一般的なのに、膝ドックを行っている施設はほとんどありません。膝OAは要支援・要介護の要因となる代表的な運動器疾患です。当院では膝ドックを行うことで、早期の段階でOAを発見して適切な予防、治療を行っています。少しでも膝に気になる症状や既往などがある方には膝ドックをお勧めします。健康寿命の延伸のためにも一緒に頑張りましょう♪

ヒザの健康診断 ヒザドック

変形性膝関節症=『緩徐進行性の加齢疾患』

変形性膝関節症はヒザの軟骨が加齢と共に傷んでしまうために起こります

年齢とともに変形性膝関節症になる⽅が増えることは事実ですが、ご高齢になっても元気な⽅・膝に痛みを感じない⽅もいらっしゃいます

変形性膝関節症の怖いところは、『緩徐進行性』=緩やかに徐々に進行するために⾃分で変化に気付きにくいことが挙げられます

筋⼒や柔軟性も⾃分が気づかないところで弱く/硬くなることがあり、注意が必要です

気づきにくい変化をしっかり捉える

MRI
『軟骨の状態』
柔軟性 筋力
『柔軟・筋力検査』

ヒザドック
~早期発見・重症化予防~

こんな方が受けてます

  • ・親が変形性膝関節症のため、自分もなってしまうのではないかと不安になり利用
  • ・以前ヒザ痛があり、筋力の状態を知りたくて利用
  • ・将来に備え、現状を知りたくて利用

詳しくはこちら!

すべての院長通信はこちら

まつだ整形外科クリニック運営サイト

診療案内
クリニック概要
ドクターまつだのアクティブにGO!
企業検診 presented by まつだ整形外科クリニック
膝の再生医療(PRP治療)
健康スポーツクリニック
メディカルフィットネス fine
アスリートメディカルチェック
ランニングケア・オンライン
健康スポーツ協会 fine
海外のドクターからいただいた推薦状を掲載しています。